イメージ画像

ドラッグストア(OTC)薬剤師の職場はどう?

調剤薬局、病院などの医療機関と並び、薬剤師の勤務先としてポピュラーなのがドラッグストアです。一口でドラッグストアといっても、勤務先によって形態や業務内容は千差万別です。

調剤業務を行うお店もあれば、健康食品や衛生用品、スーパーのように生鮮食料品や冷凍食品など幅広い品揃えを誇るお店があり、ドラッグストアで働く薬剤師には、勤務先に応じた役割が求められます。

最近は、「調剤併設型」とよばれる、店舗内に調剤室を設けたドラッグストアが増加傾向にあり、調剤薬局同様、処方箋に応需するお店も多く見られます。調剤併設のドラッグストアにおける薬剤師の業務は大まかに「調剤のみ」「調剤とOTC薬販売」に大別されますが、一般的には後者を任されるケースが殆どです。

こういった背景があり、ドラッグストアでは「調剤業務だけを行いたい」という薬剤師は歓迎されず、「調剤、OTC薬販売、化粧品・衛生用品部門業務」などを満遍なくこなせる薬剤師パートが評価される傾向にあります。

ドラッグストアはその業態上、OTC薬の販売が主体となります。そのため、ドラッグストアの薬剤師の主な業務は、患者さん(顧客)から医薬品に関する要望や疑問を伺い、症状や状態に適したOTC薬を選択し、服薬指導を行うこととなります。

また、処方箋を持参した患者さんがドラッグストアでサプリメントを購入する場合がありますが、その際に処方箋に記載されている医薬品とサプリメントの併用に問題がないか確認するといった仕事も担います。

このような、患者さんの容態や状況に合わせて最適な選択を行う「トリアージ」は、ドラッグストア勤務の薬剤師によって最も大きな責任を負う業務であると同時に、大きな遣り甲斐を感じる仕事ともなります。

ドラッグストア勤務の薬剤師は、医薬品やサプリメントなどの他にも、衛生用品や生活雑貨など、多種多様な商品の販売にも携わります。中堅~大手のドラッグストアは、これらの販売業務や在庫管理、発注業務などに関する研修制度を整えていますので、転職を検討する際には、研修制度の有無を目安とするのも良いでしょう。

研修制度の充実したドラッグストアは、製薬会社や化粧品メーカー経験がある方や、早期・定年退職をした方のセカンドキャリアとしても注目を集めています。

転職先にクリニックが選ばれる理由

病院やドラッグストア、調剤薬局など、薬剤師は様々な場所で活躍しています。 薬剤師の資格を持っている人の多くは、資格を役立てることができる職場での勤務を希望しており、数ある職場の中でも病院に人気が集まる傾向にあります。

なぜ病院が人気なのかというと、得た知識をフルに活用できますし、それがやりがいに繋がると考える人が多いからです。

ところが、規模が大きい大学病院などは院内薬局から院外薬局にシフトしている病院が多いので、病院内で働きたい方はクリニックのほうが合っているかもしれません。

クリニックや診療所は病床数が19床以下で、一般的な病院よりも病床数が少なく、診療時間がはっきりしているので休憩時間をきちんと確保できます。

その為、オンオフのメリハリをつけたい方や、子育て中の為、短時間の勤務を希望している方を中心に人気がありますが、病院よりもクリニックのほうが忙しい傾向にあるようです。

入院患者がいるクリニックの場合は更に仕事の量が増えますし、福利厚生や収入面も他の勤務先に比べて充実しているとは言い難いのが現状です。

それでも人気があるのは先ほどの挙げたような事情を持つ人や、キャリアアップを希望する人にとって最適な職場だからであり、多くの薬剤師の転職先に選ばれています。

クリニックでは医師が薬を処方するので、小さな器量期間の場合は薬剤師を雇っていない場合もあります。 薬剤師がいない為、調剤した薬を医療事務員が袋に入れている病院もありますが、医師が診療の仕事に専念する為に薬剤師を募集することが増えてきました。

薬剤師がいないクリニックだと、不安を覚える患者さんも少なくないのですが、薬剤師がいることで安心してクリニックを利用できるようになります。

クリニックは小規模な医療機関なので、大人数の募集をかけることはありません。 働きやすいクリニックほど離職率が低いので、クリニックへの転職を成功させる為にも、転職支援サイトを活用したいところです。

未経験者でも薬剤師に転職できる?

未経験者の薬剤師でも、資格を取得したての場合はスムーズに就職できるでしょう。 薬剤師の資格を取る為には、薬科大学で専門知識を学び、国家試験をクリアする必要があります。

大学にいる間に資格を取った場合は在学中に就職を支援してもらえますし、卒業生のサポートも行っている大学もあります。

一方で、薬剤師の資格を取っても、薬剤師とは関係のない他の職種を選択する人もいます。

就職活動がうまくいかなかった、他の仕事に興味を持つようになった等、様々な理由がああって薬剤師としての仕事を経験していない人達も同じく未経験者ですが、新卒者とは違って資格を取ってから期間が空いている為、それが就職活動の障害になってしまうことがあります。

近年、薬剤師は飽和状態になりつつありますし、更新制度が設けられる可能性も少なからずあるので、薬剤師としての経験を積みたい人は転職するといいかもしれません。

薬剤師とは無関係の仕事に就いている人が薬剤師への転職を考える時、未経験者を採用してくれそうな求人を探すかと思います。 転職情報サイトなら豊富な求人情報を持っているので、未経験者であっても資格を活かせる仕事を探すことが可能です。

転職情報サイトは転職・就職情報をWEBで後悔しており、そこから希望の条件に合った求人情報を検索できるようになっています。 薬剤師専門のサイトもあるので、まずは登録してみるといいでしょう。

スタッフによるサポートを受けることができ、求人情報を紹介してもらったり、面接までの段取りも代わりに行ってくれます。

未経験者だと何かと不安になってしまうと思いますが、手厚いサポートを受けられるので安心して転職活動に専念できます。

履歴書や面接のアドバイス等、不安や疑問な点を相談に乗ってもらえますし、納得のいく職場を一緒に探してもらえるので、転職情報サイトを活用するメリットは大いにあります。 無料で利用できるので、気軽に登録してみて下さいね。

このページの先頭へ