イメージ画像

保健師の仕事について

保健師の仕事は、世の中の人たちの病気を予防する事です。食事の摂り方や生活習慣の 見直しなどを行う事で、それまでの生活スタイルを改善し、病気になりそうな予備軍の人の 手助けをしていきます。

分かりやすい例では学校に保健の先生がいたのを覚えているかも しれませんが、学校の保健の先生も保健師です。 保健師として必要な知識は主に「健康」に関する知識です。

その知識を生かして、健康に関する 様々な問題について相談を受けてアドバイスをしたり、適切な病院などへ診察を受けに行く事を 勧めたりもします。「病気なのかどうか分からないが、不安」など、一般の方が病気と 判断しにくい事も相談に乗ります。

健康という大きな枠についての知識を持っている必要があるため、沢山の事を覚える必要が あります。健康は赤ちゃんから高齢者の方まで、関係が深いものです。年齢に合わせて健康に 関する問題も変わります。

それに合わせた知識や経験を持ち合わせていなければなりません。 最近ではストレスが原因の病気も増えており、時代に合わせた知識も必要です。 また、仕事は他にも健康診断や予防注射を行うなど、活躍する場は幅広くあります。

主には勤める勤務先によって内容が変わってきます。職場は市役所、学校、保健所、 企業などが多くなっています。一般的には市町村の施設で働く方が多く、企業で働く方は 少し少なめになっています。

保健師の仕事をするには看護師の資格が必要になりますが、保健師と看護師、両方の資格を 生かして病院で働く方もいます。最近では高齢化社会になってきており、介護の仕事が 多くなってきています。

職場に通勤して仕事をするケースもありますし、直接自宅を訪問して 相談を受けるケースもあります。 医療分野は今後も成長していくと予想されており、保健師の仕事もそれに合わせて重要度は 高まっていくと考えられています。保健師の仕事を考えている方はぜひ頑張ってチャレンジして みてください。

このページの先頭へ