イメージ画像

薬剤師のキャリアアップの極みは独立開業

どんなに薬効の優れたお薬でも、患者さんに正しい処方箋を渡し、 説明出来る方がいなければ、役に立ちません。 調剤薬局や病院、ドラッグストアで勤務しながら、 お客様に、どの様なお薬やサプリメントを提供すれば、 満足して頂けるのだろうかと、お考えの方は、独立開業も 視野に入れることも出来ます。

これまでは、総合病院や大病院の先生が、2~3人同時に独立し、 医療クリニックビルを作り、1階を調剤薬局にするというパターンで、 薬剤師さんの独立開業を手伝うものが多かったようです。

その他では、既にある薬局やドラッグストアの継承という形式の独立開業です。 後者の開業方式ですと、本格的に独立する前に、前任者のノウハウを 何らかの形で継承することが出来るので、以後薬局を利用する人にとっても 安心な独立開業方式とも言えます。

現在では、処方箋を総合病院や遠方の専門病院まで行って受け取るのは億劫 という方や、駅前ドラッグストアで処方箋を受け取りたいという方の為に、 独立開業の支援がなされています。

薬剤師として独立開業された方からのアドバイスとしては、まず第一に、 患者さんが安心できるコミュニケーション能力を磨く事です。 独立するという事は店舗を持つことなので、 経営と財務の基礎知識、売り上げ管理の関係上IT能力を身に付ける事は必須です。

町の薬局ならば、経営の為に、年代別、疾患別セミナーを開く事もあります。 調剤薬局ならば、クリニックと患者さんの連携を保てるように心がけます。 付属の病院から処方箋を頂き、お薬を処方して説明するだけでなく、 スイッチOTCなどの市販薬の薬効をお客さんにわかり易く説明する事も求められます。

お客さんが市販の総合感冒薬を飲まれ便秘をされた場合、 便秘を引き起こす成分が入っているのを患者さんに説明するのは、 市販薬と処方箋薬を扱う店舗薬局薬剤師の仕事の一例になります。

現在薬剤師として、調剤薬局や病院に就職されていて、この様な独立の打診を されている方、もしくは独立をお考えの方は、転職サイトを活用されるのも一案です。 専門カウンセラーに、独立開業された方の話を客観的視点で伺う事も転職の目安です。

このページの先頭へ