イメージ画像

薬剤師の研究開発の仕事への転職

薬剤師の資格を取った方の多くが希望するのは調剤薬局やドラッグストアでの薬の処方よりも 研究や開発の仕事です。やはりその専門性の高さを生かしせるため、希望する方が多く なっています。

新しい医薬品の開発に携われるのは確かに魅力的です。しかし、転職サイトの求人情報を見ても 分かるのですが、研究開発の職種というのは少なく、募集人数も多くありません。転職するのは 若干ハードルが上がる職種と言えます。

また、研究開発の仕事は専門知識も深く必要になってくるため、実は薬剤師の資格を持って いれば、誰もがなれる、という訳ではありません。これまでに研究開発の仕事に携わりたい という目標を持って、そのためにキャリアを磨いてきた方でないと、単に薬剤師だから、 という理由で採用になる場合は少ないです。

企業が人材の育成のために若い方を育てるという意味で若い方を採用する場合もありますが、 そうでなければ、臨床開発や医学にも精通していたりと、高い専門性が求められます。 これまでの職場での仕事を通して、これらを磨いてきた方であれば転職の可能性も ありますが、足りないと思う方は、一度自分のスキルを見直す必要があります。

ただ、研究開発の中でも、製薬会社での医薬品の研究と他の化学系の企業などでの研究 というのでは、また転職のしやすさが異なってきます。転職のしやすさとしては製薬会社 よりも化学系の企業の方が転職はしやすくなります。

あなたの中でそこが譲れるかは大切な部分だと思いますが、研究開発の仕事にこだわるなら、視野を広げても良いと思います。根気よく仕事を探していけば、あなたの今のスキルに合った研究開発の仕事が見つかる 可能性も高くなります。

研究開発は狭き門ですが、その分だけやはりやりがいも高い職種です。 自分を振り返り、売り込めるポイントを明確にして、転職先でどういったスキルを 生かしていけるのかを考えて転職活動をして、希望の職場に就けるよう頑張りましょう。

このページの先頭へ