イメージ画像

薬剤師が知っておくべき転職のハナシ

薬剤師の転職には一般の転職と異なる部分がいくつかあります。その点についてお伝えしたいと思います。 まず一つ目は募集される求人についてです。薬剤師の求人は転職サイトで公開されているものもありますが、 基本的には非公開の求人が多くなっています。

理由としては企業側にとっても希望に沿う人材を 募集したいため、転職エージェントの方などを通して紹介される方がより効率的だからです。 転職エージェントと相談を密にしながら活動をするとあなたに向いた仕事の紹介もされやすくなり、 スムーズに転職活動を行う事が出来ます。

自分の希望やこういった希望を聞いてもらえる職場はあるか など、自分の希望はエージェントに伝えていきましょう。 薬剤師の離職率は全体的に見ると高めの比率になっています。これは特に女性の離職率が高いためです。 女性は結婚や育児休暇などで短期で働く女性もいるため、数字が高めになりがちです。

ですので、他の職種のように一概に労働環境が良くなかったり、休暇がなかったりなどの理由で退職している訳では無いと言えます。また、職場によっては性別の方よりも見られます。薬局などでは男性を雇用ケースが実は少なく、ほとんどが女性である場合が多いです。

特別重視するべき点では無いですが、こういったケースもある事を頭に入れておくと良いでしょう。 薬剤師は女性も働きやすい職業というのが世間の一般的な認識になっている部分がありますが、一概に そうとは限らない場合もあるので、注意が必要です。

特に先ほどの結婚してからの再就職で薬剤師として復帰する場合は、ブランクが空いてしまうという事から敬遠する企業もあります。ただし、全てがこういった企業という訳ではないので、今の職場に想いがあるという気持ちを除けば再就職先は探せば見つかります。

一般的には転職も多く、求人も比較的多い薬剤師の業界ですが、近年の流れをある程度把握しておくことで 転職活動中に無駄な心配をしてしまったり、ストレスを抱く事を防ぐ事が出来ます。悔いのない転職が 出来るよう頑張ってくださいね。

このページの先頭へ